当社について

 当社は、平安末期の文治5年(西暦1189年)に祖・伊藤助右衛門が、源頼朝御家人武藤氏に仕える鋳物師として出羽大山に創業したのが始まりです。その後、庄内地方の支配が武藤氏から上杉氏、最上氏、酒井氏へと移りゆく中で、助右衛門は庄内藩のお抱え鋳物師の立場を代々継承し、領内外の神社仏閣法具などを作り続けてきました。

 明治中期以降は時代の要請に従って、機織り機や醸造用圧搾機などの機械加工も製造開始。戦後は鋳物製造と機械加工の二本柱で事業を進めてきました。

 そして創業から800年を迎えた平成元年、鋳物業を撤退するという苦渋の決断をしました。
現在は上下水道などの流量を計測する電磁流量計、溶接型バタフライ弁、建設機械などの部品製造を主に事業の柱としております。
今後も、歴史への誇りを胸に、国内外の機械産業の一端を支えるべく技術向上に邁進していきます。

 

大正期の工場の様子


会社概要

会社商号 伊藤鉄工株式会社
所在地

 〒997-0855

山形県鶴岡市矢馳字下矢馳44-1

創業

創業     文治五年(西暦1189年)

有限会社設立 平成元年(西暦1989年)

株式会社改組 平成10年(西暦1998年)

資本金

1,000万円

営業品目

自動調節弁の製作

電磁流量計管体の製作

建設機械部品の製作

各種圧力容器や熱交換器の製作

取引銀行

荘内銀行 大山支店

きらやか銀行 大山支店

山形銀行 鶴岡支店

主要取引先

(順不同)

(株)日立ハイテクソリューションズ

(株)栗本鐵工所

(株)本山製作所

(株)加藤製作所

(株)東北機械製作所

  ほか

代表者

代表取締役社長  伊藤 徳男